SEO

価値の高い被リンクの効果

現在のSEOにおいては、権威性と言われることが多くあります。

この権威性とは、実際にその発言がしっかりとしていることを指し、これらをしっかりと行うことで御社のホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

ただ、この価値の高いあるいは権威性のある被リンクとはどのようなものになるのでしょうか。

そこで今回はこの権威性と価値の高い被リンクについて弊社の考えをご紹介いたします。

価値の高い被リンクとは

価値の高い被リンクとは

価値の高い被リンクとは基本的にはグーグル次第になっていると思われます。

どういうことかというと、価値を決めているのがグーグルになっているので、このときにユーザのためにと考えているだけでは全く意味がないものになるのです。

そしてこのユーザのためにというのは実はユーザ目線で作成したほうが被リンクが集まりやすいものになっているため、ユーザのためという曖昧な表現を使っているのですが、基本的にはユーザのためというよりも被リンクが獲得できる位しっかりとしたページであれば、グーグルから自然と評価されるのです。

そして次にではグーグルはどのようにして価値を判断しているのでしょうか。

これについては、一概には言えませんが、弊社ではある規則を見つけることができましたので、その規則についてをご紹介いたします。

装飾がされている

まずは装飾と言うと少し表現がおかしいですが、しっかりと画像を使っていたり、箇条書き、表などを利用したページであることが大切です。

基本的にはこの施策についてはそこまでの効果を生み出さないのですが、しかしないよりもあったほうが必ず良い結果を得ることが可能です。

そしてこれらの施策は1ページだけに行うのではなく、ホームページ全体に行ったほうがよいものになっており、一つでは比較的効果が低いですが、しかしその数がお置ければ多いほど、グーグルはそれぞれのページはもちろんですが、ホームページ全体を高く評価してくれるのです。

文字数とページ数

そして次に一般的に多くの方がご存知であるようにSEO対策ではページ数と文字数が多いほうが有利になります。

しかし、この文字数とページ数については単純に多ければいいというものではなく、あるルールが適応されていると知らなくてはなりません。

そのルールとは、まずページ数については、最も効果的なページ数は商品アイテムになります。

例えばあるメーカーさまのホームページでは商品詳細ページにそれほど書ける内容がないので、商品群を1ページとして表示させておりました。

しかしSEOを考えるとこれは非常にもったいないものになっており、グーグルは商品アイテム数が多いホームページは良いホームページであると認識するので、少ししか文章が書けないやあるいはオリジナルの文章を商品ごとに作成できない場合についてもしっかりと商品ページを1ページで作成するのが良いでしょう

グーグルはメーカーサイトの商品について、それぞれ独自の原稿は少しで良いので必要ですが、しかし実際には同じような原稿のページであると認識してくれているので、ここで大切になってくるのが数になっております。

この数が多ければ多いほどSEOに効果的になっており、しっかりと商品アイテムを充実させることで、本当に成果の出るSEO対策となるのです。

また、商品ページだけではなくその他のコンテンツも同様になっており、これらをしっかりと戦略建てて増やすことで本当に成果が出るようになります。

文字数

そして次に文字数があり、この文字数については、基本的には、多ければいいということはないのです。

基本として一般的にどのようなホームページにあるコンテンツはグーグルは正しく認識しており、それはトップページ、製品ページ、ブログページの3つに分類されます。

まずトップページや製品ページはどんなに文字数を増やしても意味がありません。

グーグルはこれらの文字数については一般的には何かしらの要因があり、短くなる可能性があるページであるとみなしているので、例えばトップページのSEO効果が弱いからと言って、トップページの文字数を増やしても順位が上がることがないのです。

逆にブログなどのコンテンツにおいては、これらは情報発信ページであるとみなしているので、文字数が多いほうがより有利になりますが、現在のグーグルの仕様では多ければいいというものではなく、ある程度の文字数であれば問題がないと思われます。

その文字数とは大体ですが、2,000文字前後になっており、これらの文字数でしっかりと記事を書いていくことで、御社のSEO効果は飛躍的に高まるのです。

現在SEOについて調べると文字数が多すぎるという声も多くあるので、もしかしたら今後ブログなどの文字数についてグーグルがテコ入れを行うかもしれませんが、2021年現在で言えば文字数が多いほうがまだまだ有利になっております。

権威性って?

権威性とは

上記が基本的にはグーグルが質の高いページであるとみなす要因になっているのですが、次に問題になるのが権威性です。

この権威性は非常に難しいものになっており、自社のホームページや被リンク元のホームページの権威性を高めていく必要があるのです。

ただ実際に弊社が調査した結果本当の意味で権威性があるホームページは弊社が狙うキーワードでは1つになっており、この権威性が高まることで、被リンク対策を行うことやホームページの更新頻度を高める必要がありません。

ではこの権威性とはどういうものになるかというと、例えば、多くの方がこの人の発言なら信頼できるというように思えることになっております。

例えばこのブログで言われていれば大体本当だろうと思えることが権威性になっており、これらをグーグルはしっかりと見て判断をしているのです。

そしてこのような権威性を高める方法は2つあり、それはその業界に対して専門性があるかどうかや、さらには多くのユーザに被リンクをされているかどうかになっております。

ここでいう被リンクはもちろん一つのホームページからではなく、たくさんのホームページからの被リンクになっており、そしてさらには、被リンク元のホームページも同じテーマである必要があるのです。

これらは本当に簡単に行えるものではないように、グーグルも被リンク数に制限をかけているように思われ、しっかりとこれらを行うことで、御社のホームページの権威性は飛躍的に高まるのです。

ただ、やはりこの権威性はそんなに簡単に獲得できるものではないので、しっかりと対策建てて行う必要があるのです。

権威あるドメインから被リンクしてみた

権威あるドメインから被リンク

そしてこの権威性についての調査を行うために弊社ではもともと大阪市が持っていたドメインを購入してみました。

そのドメインはこちらになっており、ホームページ制作とSEOブログになっており、これらはもともと大阪市が持っていたドメインになります。

そしてこの権威性だけで言えば、おそらく非常に高いものになるのですが、残念なことにこちらのホームページ制作とSEOブログからリンクをしても実際にほとんど影響がなかったという結果になりました。

そしてその理由を色々と検討してみたところ、実はこの権威あるドメインには関連性がないということが分かり、ここで関連性が出てくるのかと思いました。

権威性だけであれば非常に効果的な当ブログになるのですが、しかしやはりこのブログへの被リンクはどうしてももともとのホームぺージのテーマに関する被リンクが多いので、これがグーグルには良い結果を生まなかったように思われます。

ただ、だからと言ってせっかく購入したのでしっかりと運用をしており、これらをしっかりと運用し続けることで、いつか効果を出せるのではないかと思っております。

これが弊社の考える価値の高いあるいは権威性のある被リンクになり、かなりハードルは高いですが、しっかりと行うことでホームページの成果を最大化できるのです。