SEO

SEOの検索順位と訪問者数

SEOを行っていると検索順位ばかりに目を向けてしまいます。

もちろんSEOを行い始めの頃はそれでも問題がないのですが、しかしSEOにある程度慣れてくると検索順位ばかりを追いかけていてはならず、訪問者数を増やすことで成果を出すことが可能になります。

この検索順位と訪問者数のバランスを取ってSEO作業を行うことは非常に大切になっていて、これらをしっかりとルール化して対策することで御社のホームページは飛躍的にその効果が高まるのです。

そこで今回は、SEOにおける検索順位と訪問者数の関係についてご紹介をいたします。

SEOとは訪問者を増やす施策

SEOの基本は訪問者数

基本的にはSEOとは訪問者数を増やすための施策になります。

これをしっかりと理解していく必要があり、これらを行うことで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高めることが可能です。

どういうことかと言うと、まずSEOを行い始めの頃は、検索順位を意識すると思いますし、それで問題がないのですが、ある程度検索順位が上がると、突然検索順位が上がらないという現象が起こるのです。

この現象はほぼすべてのホームページで発生しますが、簡単に言うと、10位以上の上げる段階で結構ハードルが高いことと、11位から10位に上げることが結構ハードルが高いことがあります。

もちろん、これらのハードルを越えることができないということは出ないのですが、一般的にこの1ページの壁を超えるのは相当な努力が必要になっており、狙ってあげるよりも、訪問者数を増やして自然に上げたほうが効率が良いことがあるのです。

そしてある特定の1つのキーワードだけを見てSEO対策を行うことは比較的リスクがある対策になっていて、それよりもホームページの更新作業も合わせて行うことで、自然と検索順位を高めることが可能なのです。

そのため、SEOを考えるときには検索順位を上げることよりも、訪問者数をどうやって増やすのかを考えて対策を行っていったほうが自然と上がる対策になるので、ストレスや作業量を減少させて対策が行うことが可能になります。

弊社のホームページが順位ではなく訪問者のためのSEO

SEOでは順位ではなく訪問者数を見よう

実際に弊社のホームページは訪問者数を増やすためのSEOを行っております。

これにより、実際にまだ狙ったキーワードで検索順位は10位前後と1ページ目と2ページ目の間になっているのですが、実はSEO対策や被リンクなどのキーワードでは1位あるいは1ページ目内にランクインをしております。

これは純粋にトップページのSEOだけではなく、さまざまなページのSEO対策を行った結果になっており、これによりSEO対策を行う前と後で、1日の検索からの訪問者数は80人ほど増えるという結果になっております。

もちろん大企業からすれば、80人くらいと思われるかもしれませんが、弊社のような中小企業、さらにはbtob企業では80人と言う数字はかなり大きな数字になっているのです。

そのため、弊社のホームページは本当に成功をしているものになっており、確かに狙ったキーワードでのお問い合わせはまだ少ないですが、しかし、SEO案件や被リンク案件などを獲得することには成功をしておりますので、順位が上がっていないけれども、さまざまなお問い合わせをいただいております。

このように狙ったキーワードが上がりきらなくても訪問者が訪れてくれますし、さらには実際にお問い合わせを獲得することができているので、基本的にはSEOは訪問者のために行うようにしていき、狙ったキーワードに固執すると非常に多くのストレスを抱えるものになるのです。

ユーザのためのSEOは労力が少ない

ユーザーのためのSEO

このユーザのためのSEOを実施することで、比較的ですが、労力を減少させることが可能です。

すべてのホームページで言えることですが、基本的には訪問者数を検索から集めることが目的ではなく、成果を出すことが目的になっています。

そしてこの目的を達成することさえできれば、どのキーワードで訪れていても問題がなく、しっかりと利益に繋がるお問い合わせであれば問題がないのです。

そしてこれらを徹底することで、ホームページ作成はその効果を飛躍的に高めることができるのですが、ただしその際に大切になってくるのが、ページ更新業になってくるのです。

この新規ページの作成作業は闇雲に行っても成果を出せないので、しっかり検討をしてから行う必要があり、これらを徹底することで、御社のSEOは本当に成果を出せるようになるのです。

弊社は大阪でSEOサービスを提供しています。

そして多くの会社さまで、このページ作成をなかなか進まずSEO対策を途中であきらめる方もいると思いますが、その場合にトップページの検索順位だけではなく、その作成したページの検索順位や訪問者を見ると良いでしょう。

確かに現在のSEOは大阪でSEOサービスを提供していて思うのが、トップページのSEOはどのキーワードでも難しいのですが、しかしニッチなキーワードはどのようなテーマのホームページであっても上がることがあるのです。

これらのニッチなキーワードでしっかりと集客を行うことで、御社のSEO効果は飛躍的に高まりますので、しっかりとこれらの御社のニーズに合致する訪問者を集客できるSEOを継続して行うことで、自然とトップページのSEOも成功するのです。