ホームページ作成

価値の低いページの削除

SEOとホームページの成約のためには、価値の低いページの削除が必要だと見たことがある方は多いのではないでしょうか。

ただし、この価値の低いページの削除は非常に難しいものになっており、例えば目視で価値が低いと判断をしても実はグーグルからは価値が高かったりすると、ホームページの検索順位は飛躍的に落ちるのです。

そのため、この価値の低いページについては慎重にならなくてはならず、本当に価値が低ければホームページの順位は落ちませんし、逆にグーグル的に価値が高かったら大きく順位を落としてしまいます。

そこで今回はこの価値の低いページの削除について解説をいたします。

ページの価値はグーグル次第になる

価値はグーグル次第

まず初めにページの価値はグーグル次第になっております。

どういうことかというと、弊社のホームページには、業種別ホームページ制作法というページがあり、この業種別のホームページ制作法のページは一見価値がないページになっております。

しかしグーグルがどのようにこのページを判断しているかが分からないので、取り敢えずフッタからのリンクを残し、ページ自体もそのままにしているのですが、実際に弊社のホームページとしては削除をしたいコンテンツの一つになっております。

ただ削除をするともしかしたら検索順位が上がることもあれば、下がることもあるので、取り敢えずは現状のまま放置をしており、業種別のホームページ制作を一覧で紹介するページとしているのです。

価値の判断は難しい

価値の判断は難しい

そしてこの価値の判断については、現状で言えるポイントは3つあり、これらをベースに行うことで、検索順位を向上させることが可能です。

目視で確認

最も危険な対策になるのが、そのページの情報を目視で確認して判断することになります。

これは一見してユーザ目線に立って確認することで、本当は必要がないや別のページにもっといい記事がある場合などに検討する方法になるのですが、できればこの対策は行わないほうが良いです。

実際に弊社のホームページにおいても、この目視での確認を行ったうえで削除をした経験があり、その際には一気にホームページの検索順位を20位ほど落とすという結果になっておりました。

そのため、ページを削除する際には、目視での判断は辞めたほうが良いものになっており、これらは検索順位を純粋に落とすだけの対策となってしまうのです。

グーグルアナリティクスのデータから

そして次に、グーグルアナリティクスのデータから、入口となる回数も0回だし、閲覧数も0というようなページを発見した場合になります。

この場合の価値は確かに低いものになるのですが、しかしこれも半々のリスクになっており、この削除ページが多ければ多いほど成果を落とす可能性があります。

実際にツイッターなどを見ていると、この対策を行い、順位を上げたという方は稀で、順位を落としたという方の方が多くなっております。

そのため、この対策もできれば行わないほうがよく、削除というよりもリライトを行うことを弊社では推奨しております。

というのが、原則グーグルは、URL単位でホームページを見ており、ページが削除されるとそのページの評価が0になるのですが、しかしリライトであれば、実はそれほど効果が落ちないことの方が多くあります。

もちろんリライトだからと言って、もともとの内容と全く異なるモノや、評価が落ちるような原稿を書いてしまうと、当然評価は落ちますが、基本的には似た内容で評価への意識もしっかりと行うことで、御社のホームページは検索順位が落ちることはないのです。

このように価値が低そうなページについてはリライトを行い現在の仕様とすることで、本当に効果的なページ作成が可能になるのです。

内部リンクがないページ

そして最後に昔に作成したまったく現在のホームページでは全く内部リンクがないような不要なページについては、こちらは削除を行います。

ただ、その際には一気に削除をするのではなく、週に1ページの削除など少しずつの削除が必要になります。

また、念のために削除したページのデータは残しておいて、大きくホームページの順位が下がったら復活させることや、しっかりとリダイレクト設定を行うことで安全に削除が可能です。

ページ削除は本当難しい

ページ削除は難しい

そして実際に弊社は大阪のホームページ制作会社になり、このページ削除を行っているのですが、基本的にはリニューアル時に削除を行い、そしてリダイレクト設定はしっかりと行っております。

ページを削除するタイミングはこのタイミングが適切であると言え、仮に検索順位が落ちたとしてもそれはリニューアルの影響だと考えて、そこから対策を行うことが可能であるためです。

ホームページ運営段階あるいはSEO段階でこのページの削除を行ってしまうと、一気に検索順位あるいはアクセス数が落ちるので、あまり効果的な対策とは言えないのです。

弊社の業種別ホームページ制作法のような見るからに価値の低いページはどのホームページでもあると思いますが、しっかりとこれらを対策建てて行うことで、期待以上の成果の出るホームページ制作となります。