ホームページ作成

過去に新着情報を公開していいかどうか

弊社のお客さまの大半はSEOを意識されております。

そしてこのホームページ制作においては、ブログを用意しているのですが、このブログだけではなかなか作業が進むことがなく、しっかりと対策建てて行うことが重要になっております。

そして、これらのSEO対策においてはページ数が確かに大切になるのですが、このページ作成において、例えばスタッフブログはあるが、スタッフブログの更新ばかりだと大変なので、新着情報を更新したいと言われることがあるのです。

そしてその場合にこの新着情報で過去の記事を上げて良いのかどうかのご質問をいただきます。

そこで今回は弊社の考え方にはなりますが、この過去の記事のアップについてご紹介をいたします。

過去の記事の公開はいいのか

過去の記事の公開はいいの?

例えば、過去の新着情報を公開していいのかというご質問をいただきます。

これについては正確には分かりませんが、しかし弊社では一応問題はないけれどもしっかりとした日付で公開したほうが効果を出せると考えています。

この公開日は実は構造化データに利用しているホームページであれば、構造化データに影響を与えますし、構造化データを導入していないホームページにおいても実はXMLサイトマップに記載されるものになっているのです。

そしてここに記載されるということは、グーグルが恐らくそのページを公開した日時を把握していることになるので、例えば1年前のデータを公開したとしたときにグーグルがそのページを発見すると、1年前から上がっていたページであると認識するようになるのです。

このようにぱっと見ではグーグルを騙す行為になっていると思いますが、実はこの騙す行為については、それほどSEOには関係がないので現状ではそこまで強く取り締まっているわけではないのですが、しかし実際にはデメリットになり得る方法だと認識していく必要があります。

実際に過去の情報を上げた例

過去の情報を上げた例

そして弊社のお客さまの例になるのですが、実際にこのように過去の記事でスタッフブログや最新情報を公開されている会社さまがいらっしゃります。

そのような会社さまに話をお伺いしてみると、マイナスはないけれどもプラスも少し弱いかなという結果となっておりました。

基本的には一般的に普通に上げているページについては、更新頻度の向上と上位表示をしたいキーワードに関連するページ作成でそのページとの関係性を強める効果があるのですが、過去のデータで行くと更新頻度の向上が意味がないものになっているように思われます。

そしてこの更新頻度についてはそれほどSEO効果があるとは言えないですが、しかし検索順位の安定のためには必要なものになっていて、しっかりとこれらを行うことで、ホームページ制作の成果を最大化することが可能なのです。

そのため、弊社では過去のデータを上げても問題はないですが、しかし現在のデータとして上げたほうが効果的であると話をしております。

また、実はもう一点かこのデータを上げるデメリットがあり、それはページ内リンクを発見しづらいという点になります。

基本的には記事をアップしたらグーグルはページ内リンクをたどって、ホームページを見ていくのですが、過去の記事にアップをしてしまうと、グーグルはそのリンクに気が付かない恐れがあるのです。

そして気が付かれなければ、ほとんど上げた意味がないものになり、せっかく作成したページであってもホームページ全体への効果もそのページ自体が上位表示も難しくなっております。

そのため、悪影響はおそらくほとんどないとは思いますが、しかし実際にはSEOを考えると今の時間で公開したほうが効果を出せる可能性が高まるのです。

現在の記事にリライトして公開

記事にリライトして公開

そしてこれはSEOにどれくらいの時間をさいて行うかになるのですが、例えば新規ページを作成するだけがSEOではなく、現在の記事のリライトを行うこともSEOには効果的です。

そしてこのリライト作業については行い終わったらしっかりと更新日時を変更していくことが大切になっており、これらを行うことで、ページ数は増えなくてもSEO効果を出せるということが可能になるのです。

ただ、これらの作業は本当に大変ですがしっかりと行うことで、より効果的なホームページとなるのでしっかりと過去の記事をリライトする際にはその更新日時を更新することがオススメになっております。

ただし、このリライトの際の更新日時の変更は、大幅に変わったときだけ行ったらよいものになっており、1行追加や1行の差し替え程度であれば、変更することはないと考えるのが一般的です。

文言を変えていないのに更新日時だけが変わっていてもグーグルは単純に更新日時だけを変更しただけであると判断するので、これらはしっかりと認識して対策を行うことが重要です。

ホームページ制作を行うと、SEO対策が始まり、このSEO対策に本気であればあるほど、更新日時などにも意識を向けてしまいますが、基本的には現在の日時で公開して大幅にページの内容が変わったらその段階で更新日時も更新する程度で把握していくことが重要です。