ホームページ作成

中ページの制作もしっかりと行おう

これまで弊社では結構、トップページはデザインしっかりと作り込み、中ページはテンプレートで制作することでコストを下げる方法でホームページを制作しておりました。

しかし、実はこのホームページ制作法においては、最近少し問題があると思っており、それは実際に弊社にお問い合わせをいただく際に、結構中ページも見られていることが多いのです。

そこで今回は実際にトップページだけではなく中ページも同じ熱量で作成したほうが良い点や作成法についてご紹介をいたします。

これまでの中ページ制作法

これまでの中ページ制作

弊社では実際問題として結構中ページについてはテンプレートを利用してシンプルに制作することが多くありました。

例えばこちらは弊社の意外とブログなどの中ページが見られているのページになるのですが、非常にシンプルなページになっております。

そしてこれらの中ページについては実は、確かにコンテンツ内容については、ユーザ目線での作成をしておりますが、しかしデザインについては非常にシンプルなものになっております。

その理由はこれまでは結構中ページについては検索者はあまり見ないと考えていて、仮に見られたとしても正しい情報さえしっかりと打ち出していれば良いと思っていたのです。

しかし最近お問い合わせをいただく企業さまは、結構中ページを真剣に閲覧いただいております。

中ページが大切な理由

大切な理由

従来においては、たとえ中ページのデザイン性が低くとも、トップページやお問い合わせページがしっかりと制作されており、そしてそれぞれのページの操作性さえ高ければ、中ページのデザインはそれほど重視すべきものでもないと考えておりました。

しかし、最近のお問い合わせにおいては、実はブログを読みましたであったり、それぞれの記事についての質問をいただくこともあり、かなり真剣に弊社のホームページを閲覧してからお問い合わせをいただいております。

そしてその話の中で、このページを見ましたと言われると結構恥ずかしいものになっており、それらのページはデザイン性は無視して、とにかくコンテンツを作成しているため、それほど弊社としても見てほしいコンテンツではなかったのです。

そしてこれらのコンテンツを見られるというと弊社としても改善をしていかなくては思わされるものになっており、そしてお話を頂いた企業さまは、それでもお問い合わせをしていただいていましたが、実際にはお問い合わせをせずに離脱している訪問者も多くいると思われます。

そのため個々のコンテンツによりますが、しっかりと中ページのデザインについてもこだわる必要があり、これらをしっかりと行うことで、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

仕組みだけはきっちりと

仕組みだけはきっちり

そしてこの中ページのデザインについては、基本的にはすべてのページをホームページ制作会社に依頼すると莫大な費用が掛かりますので、ホームページ制作会社に依頼するのは、基本的にはテンプレート部分になっていると思われます。

このテンプレートをしっかりと制作してもらうことで、後は画像の選定やテキスト次第でそのホームページは最適化されるのですが、ただしその際に大切になってくるのが、表組みなど必要なパーツをしっかりとホームページ制作会社に伝えることになっております。

基本的にはこれらを伝えることで、それらのパーツを利用してもデザインレイアウトが崩れないようにホームページ制作会社が制作してくれるので、これらを行っているといないではレイアウトに大きな差が生まれてしまいます。

そしてこれらを行うためには、実際にホームページ制作は、2,3ヶ月かかる作業になるので、その間に自分で更新可能コンテンツの記事を作成していく必要があるのです。

そしてこれらを徹底して行うことで、本当にデザイン性の優れたページになっていき、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

もちろんこれらを行わなくても一般的に利用されるものについてはホームページ制作会社として、しっかりと調整はしてくれますが、しかしここまで行っておいた方が修正なく長く使えるホームページとなるのです。

効果的な中ページ制作

効果的な中ページ制作

そしてこの中ページの制作については、基本的にはホームページ公開前に多くの記事をある程度作成して公開前にしっかりと登録していくことが重要です。

これらの記事をホームページ制作段階から作成することで、その記事の作成法で間違いがないのかや、さらにはレイアウトの問題などもすべてホームページ制作会社がサポートしてくれるのです。

そしてこれらのサポートを受けてホームページを制作することで、お客さまのホームページは飛躍的に効果を生み出し、期待以上の成果を出せるようになるのです。

ホームページ制作においては、昔ほど中ページはそこまで意識しなくても良いとは言えず、現在のホームページ制作においては中ページもトップページと同じだけの熱量で制作することが重要になります。