ホームページ作成

不動産ホームページ制作法

不動産ホームページ制作は比較的難しいものになっています。

どういうことかと言うと、基本的には不動産ホームページ制作においては更新システムが必須になっていて、もちろん更新するだけであれば、十分に対応することが可能なのですが、しかし掲載する情報が多かったり、さらには更新のスムーズ差の検討、そしてSEO対策などさまざまなことを考えなくえてはなりません。

そしてこれらをしっかりと検討することでホームページはその効果を飛躍的に高めるのですが、どのように検討をしてホームページを制作すればいいのでしょうか。

そこで今回は不動産ホームページ制作における重要なポイントをご紹介いたします。

不動産ホームページ制作は考えることが多い

不動産ホームページ制作は考えることが多い

不動産ホームページ制作は物件登録システムや、検索システム、さらにはSEO対策に更新のしやすさなど、さまざまなことを検討しなくてはなりません。

そのため、基本的には弊社も大阪でホームページ制作の提案を行っていますが、もし予算をあまりかけれないようであれば、既製品のホームページ制作ツールを利用するのをお薦めしております。

そして取り敢えずそのツールを利用して、成果が出れば、オリジナルのシステムやワードプレスを使ったホームページ制作に切り替えることがお薦めで、基本的には不動産会社さまのホームページ制作は弊社の場合ですと200万は超えるくらいの費用が発生しております。

そのため、不動産ホームページ制作においては、まずしっかりと作るためには予算が必要であり、そしてその予算が出せないのであれば、不動産ホームページ制作パッケージなどの選択もあり得るということを理解していくことが重要になるのです。

物件登録システムについて考える

物件登録システムは本当厄介

不動産ホームページ制作において、肝になってくるのが物件登録システムではないでしょうか。

実際に弊社もワードプレスで昔に制作したことがあったのですが、本当に多くのことを検討して対策を行っており、さらには更新する内容が本当に多くありました。

この不動産登録システムについては、基本的には何を掲載するのか、そして自動出力できる箇所はないか、実際に手打ちする際に登録が楽にできないか、SEO対策としてはどうかと言うようなことを考えて制作しており、これらは本当に多くの労力がかかった記憶があります。

特に賃貸不動産さまなどにおいては、現在はユーザが実は案内を必要とせずに物件を決めていることもあり、SEO対策は必須になるのですが、不動産会社さまの場合においては、物件が空いていればホームページに公開、決まっていれば下げるなどの対策が必要になっています。

これはページがすぐに変更されるので、SEO対策としてはあまり良い対策ではなく、どちらかと言うと上げてしまったらそのまま上げ続けていたほうが効果を出せるようになっています。

そのため物件が決まった時にはページ上部にこの物件は決まりましたなどの文言を打ち出していくことを行い、SEOとしてもマイナス評価にならない、さらにはユーザとしてもこの物件は決まったのかと思い、他の物件を探すということができるようにホームページを制作しております。

このように通常のホームページに比べて、物件登録システム一つとしても、本当に多くのことを検討する必要があり、これらを実施することで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まります。

よりSEOに強くするコンテンツ

よりSEOを強化するためのコンテンツ作成

そしてこれだけではなく、実はSEOに強くなるようにホームページを制作するために、コラムなどのコンテンツを作成しております。

基本的には不動産会社さまにおいては、物件紹介ページが膨大になるのですが、しかしそれはライバルも一緒で、SEO対策はライバルとの比較になっております。

そして、この比較がされたときにライバルよりもより不動産について詳しいホームページにしなくてはならず、そのため、必ず自社で更新ができるコンテンツを作成しているのです。

このコンテンツをしっかりと更新していただくことで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まり、御社の期待を超えるようになります。

そしてこれらは決して簡単なことではないのですが、しっかりと行い続けることで、必ず御社のホームページは期待以上の成果を生み出すようになるのです。

ただし1点だけ注意点があり、それは基本的には御社のビジネスに関連する内容での更新が必要で、ビジネスに関係しないコンテンツをどんだけ量産しても成果を出せるものではありません。

これらが基本ルールになっており、これらを守ることで、御社のホームページはその効果を飛躍的に高めることが可能です。

基本はユーザのための不動産ホームページ制作

ユーザのために

そして絶対に忘れてはいけないこと、それはユーザのための不動産ホームページの制作になるということです。

基本的にはホームページ制作はSEOなどの集客対策ばかりを考えてしまいますが、しかし実際に大切なのは、御社のターゲットユーザがそのホームページが使いやすいかどうかになっています。

これは基本的なことですが、どんなに集客ができるホームページ制作であっても、ユーザのために制作されていなければ成果を出すことができないのです。

これは基本的なことになるので、しっかりとホームページのワイヤーフレームやデザイン確認を行う際はもちろん、原稿作成時においても、ユーザのことを考えたホームページ制作を行うことで御社の不動産ホームページはその効果を高めることが可能なのです。